雑所得の税率の計算方法って?

また、一時所得と雑所得でも税率の計算方法が異なるものとなっています。
一時所得額と呼ばれるものは、収入金額から、収入を得るための支払い金額、そして最大50万円の特別控除金額を引き算した金額が一時所得金額で、また保険の場合は、収入金額から、払込金と特別控除金額を引き算した金額です。
そして、一時所得の課税対象金額となるものは、その一時所得額の半分の金額になるのです。
雑所得は、まず雑所得額を計算しますと、公的年金などの雑所得額は、収入金額から公的年金などの控除額を引き算したものになります。
公的年金以外の雑所得は、雑所得額から収入金額、そして必要経費を引き算したものになります。
無料相談しつこい?私の場合【電話営業の勧誘ある?】