住宅ローンにかかる様々な諸費用とは?

住宅を購入する事になった場合は、建て売りなどでは特に表示してある金額をみて考えてしまうかもしれませんが、実際はその金額に諸費用といわれるものが加わり、この諸費用はほとんどが現金で支払う事が多いので、それを含めた頭金を用意する必要があります。
諸費用には何が含まれるのか、ですが例えば5000万以下の物件では印紙代が二万円となっています。
そして、融資事務手数料、抵当権設定登記費用、司法書士へ支払う抵当権設定手数料、保証会社へ支払う住宅ローン保証料、生命保険会社へ支払う団体生命保険、その他火災保険や地震保険もあります。
この中で一番費用がかかるのが保証料であることが多く、最近はこの保証料がゼロという住宅ローン会社もあるようですが、代わりに事務手数料という名目で同じ位の金額の請求がある所もありますので、確かめる事は必要かもしれません。
また、家主に万が一の事があった時に住宅ローン残高がゼロになる団体生命保険は、銀行が負担する所もあれば金利に上乗せしてある所もあるそうです。
保証料がないことだけでなく、他の費用と金利も含めて総合的に検討したいものです。
新生銀行住宅ローン審査甘い