お得なETCカードの作り方を解説

この前、ネットを見ていたらこんな豆知識を見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードで払えるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETC無線通行原則と言うものがあり無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する情報がわからないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンの故障などで無線通行できない場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを話してカードを渡して処理後車載器に挿入してください。

出口料金所を利用する時に料金所がない入口を通行していた場合は料金算出の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用しますか?一般レーンを使って現金・クレカ払いの人もまだいますが約90%の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETCで無線通行をするとどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所の時間短縮です。

係員と直接やりとりする時間がなくなることではないでしょうか。

2つ目の大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で差額が大きい東京湾アクアラインを例にすると一般レーンでの普通車料金が約3000円のところ、ETC割引適用で800円とかなりお得になります。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところあまり世間的に知られていない豆知識を見つけました。

それは、車載器がなくてもETCカードは利用可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンには入らず一般レーンを使い係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

料金所係員に手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由として人件費削減や渋滞の解消が目的という部分が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージポイントなどの特別ポイントは付かないことや休日割などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なのでカードを直接スタッフに渡すのは緊急時のみにしておきましょう。

自動車免許を取って友達と車で遠出をする際に首都高などの高速道路・有料道路を利用すると思います。

そんなときに持っていると楽なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

ETCレーンが利用できれば無線通行なので料金所をスムーズに通過できます。

ETCカードを作るにはクレジットカードを作る必要があり、現時点でクレカを持っている方は追加申し込みで発行されるので問題ないですが新しくクレカを発行するときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを見つけてください。

高速を利用するときに便利なETCカードですが様々なカードがあって選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードをいくつか挙げておきます。

発行手数料や年会費などを無料で済ませたい方にはライフカードです。

ライフカードでは誕生月にポイント還元率が通常の3倍になることや、国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

次に紹介するのは日本人なら誰もが知っている楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの年会費は540円かかります。

年会費を機にする方もいると思いますが楽天カードは基本的にポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路の料金をどう支払っていますか?多くの人はETCカードを使っていると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか検索してみたところ一般レーンでの支払いに比べてスムーズに通過できることや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると普通車料金が現金で3090円なのに対してETC無線通行の利用では800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカの特典次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

高速道路の料金所でスムーズに通過できて便利なETCカードですが少し不明な部分があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果として言うとバイク用のETC車載機も販売されています。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式車載器」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少なく済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操縦性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため盗まれにくくなる反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が多くなるデメリットがあります。

1、2年ほど前からキャンピングカーのレンタルサービスが人気なようです。

旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際に多くの方がETCカードを利用すると思いますがレンタカーでもETCの利用自体は車載器に挿すだけですが旅行後にETC利用照会サービスを使って履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスのHPでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC車載器の番号」などの情報が必要になります。

レンタカーで利用した場合、車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

ETCカードの登録をすでに行っている、もしくはETCカードの登録をすでに行っているなどの場合は新たに登録する必要はありません。

高速道路を利用する車の9割がETCカードを使っていると聞きます。

持っていない場合はカードを発行するためにクレジットカードの申込みが必要です。

現在、クレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが2枚目、3枚目のクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどこの会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

車にあまり乗らなくても楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率が高めに設定されている楽天カードという選択肢もあります。

車に乗る頻度やカードごとの特典を調べて自分に合ったカードを探してください。

皆さんは普段、高速道路を利用する時にETCカードを使っていますか?もし持っているけど使っていないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の利用料が30%オフになるんです。

他にも外環道迂回割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引が使えない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んでETCってお得!カードを作らなきゃと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で申し込みをしてもらうか2枚目、3枚目のクレカを申し込むときに一緒に発行してもらいましょう。

ガソリンスタンドで給油する際にいろいろな支払い方法が選べます。

最近ETCカードを作ろうと思って検索したところカードによってガソリン給油時に値引きやクレジットカード利用時の付帯ポイントが2倍になるなどの特典がつくお得なカードもあるようです。

例えば、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイント付与が2倍になり貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路で遠出する方は給油特典があるカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので申し込む際はいろいろ調べてみてください。

皆さんはETC カードを作る際にどういった部分を気にしてカードを申し込みましたか?持っているクレカからweb上で発行申し込みをした方や年会費をチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを作っていない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て作ったのかを調べてみました。

高速道路をあまり利用しないという方は年会費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費無料のカードを選ぶ際、よく利用する店舗でのポイント還元率の違いや自営業の方では仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

就職や転勤などで生活環境の変化により車に乗らなくなった。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを持っている方はカードの停止を考える方が多いと思います。

その際にクレカごと解約するパターンとETCカードのみ解約するパターンの2通りがあります。

手続きの方法に関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

手続きが終わるまでに郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日というように手続きが終わるまでの期間に幅がありますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが終了したら、磁気テープ部分とICチップ部分をバラバラにするために真二つにハサミを入れ、外から見えない袋に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

車の免許を取って間もない方の中にはETCカードを持っていないから家族からカードを借りてくる。

という学生の話を聞きます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードも問題なく利用はできますがETC制度とは違う面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約に本人以外の利用が禁じられているからです。

少しわかりやすく書くとETC制度もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成立していない人が利用しているのは厳密には規約違反となりカードが使えなくなる可能性を含んだ行為になります。

大学に進学して車の免許を最近取ったという方もいると思います。

夏休みや春休みに友達と遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここでは一般的なETCカードの作り方を解説します。

カードの入手方法は大きく2つに分類されます。

クレカ会社から発行しているクレカタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由でクレカを作れないという状況でなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は申し込みと同時に発行、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードの場合は発行時に最低4万円の保証料を用意しなければいけません。

引用:ETCカード審査なしで作る方法は?損しない選び方とは