医療事務の試験、受講後数年後に受験したら?

医療事務の資格をとりたい。そう思ったのは結婚してしばらくたってからでした。将来子供ができても仕事を得るチャンスを少しでも作っておきたい、そう思ってのことでした。そこで、医療事務講座を受講することにしたのです。しかし、受講後まもなく妊娠がわかり、はげしいつわりに襲われました。それでもなんとか体をひきづって授業にはでていたのですが予習復習もできず、授業もまともに聞ける状態ではなく宿題にいたっては先生に書いてもらったレセプトを写すことしかできませんでした。その後、切迫流産の診断のため入院。医療事務の勉強などできなくなりました。出産を経て、少し子供の夜泣きが落ち着いた頃、心残りだった医療事務試験を受けようと当時のテキストや問題集で再び勉強をはじめました。でも、試験会場で愕然としたことは当時のテキストと内容が違っていたのです。医療業界は日進月歩と聞くけれど、当時と仕組みや名称の変更があったりで残念ながら試験は不合格でした。せめて、勉強をするなら、最新のテキストで行うべきでした。でも、いつの日かもう一度勉強をして医療事務の仕事につきたいと思っています。

人気おすすめ資格ランキング